ちょびリッチのポイント交換先にpring(プリン)が追加!

ちょびリッチのポイント交換先にリアルタイムでの現金交換を実現したpringが新しく追加されました。 pringとは?そう私も実はよく知らなかったので、ここでpringとはどんなサービスの交換先なのかを説明しましょう。
pring






pring(プリン)とは何か?お金コミュニケーションアプリについて

pring(プリン)とは個人間でのお金のやり取りが可能で、銀行口座と直結したアプリで、チャット機能も備えるお金コミュニケーションアプリと呼ばれる新サービスです。

口座間のお金のやり取りを手数料なしでリアルタイムに行えるので、ちょびリッチポイントを現金化するのにとても便利になります。銀行ごと都度、振り込み手数料がかかっていた分を節約できるうえ、プリンにチャージされていればそのまま買い物ができるのでとても便利です。

家族間での口座のやりとりも可能ですので、例えば家族への仕送りや支払い手続きを頼んだ場合の入金がリアルタイム、そして振り込みを行ったこともメッセージで伝えられます。会費などを一括で集めるときなどにも使えるかもしれません。
pring2











ちなみにちょびリッチの特集ページでは、今回初登場のナビゲーター・細田さんがオールフリーのビールがアルコール、プリン体、カロリーゼロの点を例えにしていました。 ご本人のコメントの通り…ちょっとわかりずらいっす…。(プリン体を使いたかっただけのような…)

今回登場した細田さん。
細田さん



 



ポイント合算サイトと何が違うの?pring(プリン)のできること

現金化する際の手数料の節約では当サイトでも合算サイトの利用を推奨してきました。PeX、ドットマネー、G-POINTなどがそれにあたり、ポイントを1つのサイトに集めて、まとめて振り込むことで手数料をカットできるというサービスは以前より行われていました。

pring(プリン)で大きく違うのは、そこから銀行への振り込みがリアルタイムにでき、そして必要な人とその情報が共有できるということでしょう。 

サービスを連携できる銀行や、支払いができるショップができれば、キャッシュカードや通帳なしで、簡単にお金の管理ができるので、とても画期的なサービスだと思います。

まずはアプリをダウンロードして使用する口座情報を登録すれば準備は完了。あとは「おくる」、「もらう」、「はらう」、の簡単な3つの操作で振り込み、入金、支払いができちゃいます。
pring3















最近ではセブン銀行ATMとも連携をスタートしました。だからnanacoがなくても現金がなくてもpring(プリン)で買い物ができるのです。

このようにお店と銀行を繋ぐサービスが広がれば、どんどん便利に活用できるアプリにありますので今後の展開にも注目しましょう。

登録がまだの方はコチラから(新規登録で500Ptプレゼント)
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ 
ORコードからの登録はコチラから(新規登録で500Ptプレゼント)
ORコード